CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
TIME
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

コミュニティ インフォメーション

「はたけで食べよう!」新春餅つき大会

1月8日(日)「はたけに行こう!はたけで食べよう!」の新春餅つき大会の様子を、大平さんのレポートでどうぞ!!

 

*-----------------------*

恒例の餅つき

 

鈴鹿市の街中にある「街の畑公園」で、毎年正月恒例の餅つき大会があった。
「畑に行こう・畑で食べよう」企画で「シニアと子供のコラボ」のメンバーが協力者と共に、地域住民の方の参加を得て開催に至った。
この新春餅つき大会は今年で5年目になる。顔なじみの方々が多く参加している。今では各家庭で臼や杵には中々お目にかかれないし、ましてや3歳程の多勢の子供が杵を持ち上げて振り下ろせる本番の餅つきは、そうそう多くはないだろう。臼の周りには経験豊富な青年達が寄って安全に配慮して一人で搗けるよう見守っていることも、又温かい頼もしさを醸し出す空気も特記すべきことのように思う。
今年は全国的にインフルエンザやノロウィルスが蔓延し、子ども向け食企画は中止せざるを得ない地域が続発している。実施するには周到な策と相当な覚悟がいる。

 

「米蒸し上がったよ!」
の声でいよいよ、はじまった。
あいにくの雨でハウスの中での餅搗きとなった、が SUZUKA FARM(株)の全面的協力のお陰で雨も気にしないで多勢が大胆に実施できる。

参加者は100名だ。子供達は40人位で、男の子も女の子も皆んな杵を持って搗きたいと思っていたようだ。
企画の要旨は、

(クリックで拡大します)

 

餅搗きをしている子供達は本当に真剣だ。夢中でやってる。観ているとハッとさせられる。こちらに羨ましさもあるようだ。また無条件で嬉しくもなってくるのだ。未来ある子供達を「国の宝だ」とむかしの人は言った。根本を外さない「社会の言葉」だと思う。

ご覧のように後方では「エアー餅搗き」で本番を待っているんですよ!

スタッフの面々!

 

今年は  6臼搗きました。
果たしてどの子供たちも満足出来たのだろうか?

また来年もみんなで 遊びましょう♪

 

*-----------------------*

 

鈴鹿循環共生パーティーのページでもどうぞ!

新春餅つき大会2017

 

| トランジッションタウン鈴鹿 | 17:33 | comments(0) | - | - |
チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム@鈴鹿2016

日 時:2016年8月27日(土)13:00〜17:00(受付12:30)
会 場:鈴鹿カルチャーステーション
    鈴鹿市阿古曽町14−28
参加費:1,500円
主 催:トランジションタウン鈴鹿
共 催:NPO法人セブンジェネレーションズ
    NPO法人鈴鹿循環共生パーティ 
協 力:鈴鹿カルチャーステーション

    アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティ
後 援:鈴鹿市  
申し込みは、こくちーずにてお願いします。
   http://kokucheese.com/event/index/407195/


 

今の社会で何が起きているのか、何が原因なのか、未来にどんな可能性があるのか、そのような問いに対して、単に話を聞くだけのシンポジウムではありません。科学的データを映像化したものを見たり、専門家へのインタビューを聞いたり、それらを通じてどんなことを感じたか、ペアやグループで話し合いながら、実際に一人ひとりが自分なりの答えを見つけていく体験型のプログラムで、とても面白い内容になっています。
2年前の11月に続いて2回目の開催ですが、内容もバージョンアップされています。特に、これからの社会の可能性のモデルの一つとして、アズワンネットワーク鈴鹿コミュニティが紹介されるようになっています。
参加申し込みですが、インフォメーションでも受け付けます。ぜひ、参加してみてください。

 

− BY KITAGAWA −

| トランジッションタウン鈴鹿 | 15:55 | comments(0) | - | - |
「死んだ時、どうしてほしい?」

7/9(土)、「理想の暮らしを語る会」の公開講座「死んだ時、どうしてほしい?」がありました。

-----

逝く人、送る人ともども心の世界が・・・

 

7月公開講座”死んだ時、どうしてほしい”が、7/9(土)に合同墓地”ニルヴァーナの森”をつくった鈴鹿宣隆寺住職ゆはずさん、海洋散骨で送り人を任じる柳川真一郎さんのお二人にきていただき、具体的な説明やそこでの体験談など語ってもらった。
会場は鈴鹿カルチャーステーション。”死”の話題にもかかわらず、30人を越える参加者があった。

宣隆寺住職はお寺が檀家だけのものでなく、ひろく地域の人たちと身近にありたいと考えてきた。垣根をなくし、オープンな感じにして、合同墓地”倶会一処”には寝釈迦仏を手彫りした。「誰でも、受け入れできますよ」寝釈迦の下にお骨が入れば、いずれ自然に還れます。年2回の永代供養で見守ってくれます。

「海洋散骨は違法ではない」という範囲で認められていと柳川さん。実際していること。遺骨を預かる〜臼で粉にする〜カヤックで沿岸3キロのところで散骨する〜そのときの写真など届ける。青森でも鹿児島でもできる。カヤックをそこまで運んで。
51歳で、会社を辞め、海送舎を立ち上げ、専従している。「もうかりません!」「生活もできません」カヤックが好きで、若いときから遺言に海に散骨してほしい」と書いてきた。妻が、「あんたが死んだら、できないじゃない?」といわれてはっとした。 −−−そこから、彼の人生は転換したのかな?

お二人の話のあと、聞いていた人との懇談があった。
「死んだら、あとは残った人に”まかせる”っきゃないよね」
「いや、そうともいえない。逝こうという人はこうしてほしいということは、残った人への愛情の現われかもしれない」柳川さん。
「残った人が、逝った人とどうつながっていくかということもあるね」
「女房が亡くなった。ずっと泣いていた。最近、女房と話をするようになった。泣かなくなった」
「なんかの形で先祖を供養するというのは、自分一人でいきているわけじゃないと自覚するいい機会ですね」ゆはず住職。

講座のあとも、コミュニテイカフェで懇談が続いた。

 

9月公開講座は、9月10日(土)13:30〜15:30、
鈴鹿カルチャーステーションにて。
”自分らしく生きる、素敵に最期を迎える
ーー老いて死ぬということは、私の周りのつながりが
  欠かせないよね
 ゲスト あした葉会 伊世利子さん

 

| トランジッションタウン鈴鹿 | 17:06 | comments(0) | - | - |
「理想の暮らしを語る会」からのお知らせ
3月18日〜23日鈴鹿市市民活動展に向けて、今、トランジションタウン鈴鹿の有志で以下のような展示を準備しています。

<理想の暮らしを語る会>
=自分らしく老い、
最後まで自分らしく生きられる地域社会を目指して=

老年期をどのように老い、どのように死ぬか。
私たちは、そのような未知の時をこれから迎えようとしているのだと思います。
「ピンピンコロリ」という言葉も、自分も苦しまず、周囲に迷惑をかけず、死にたいという願望でしょう。
といっても、実際どうなるかは、誰にもわからないでしょう。気がついてみると人生80年の時代になっています。
誰もが、死の瞬間まで、身体はままならなくなったとしても、「幸福な人生を全うしたい」と願って暮らしているんじゃないでしょうか。
老いや死を、考えることは、今をどう生きるかを考えることだと思っています。
私たちの会では、老いや死について、日々の暮らしのなかで、もっと朗らかに、楽しく語り合えるようになったらいいなあという趣旨でスタートしました。

○ 毎月、こんな寄り合いをしています。
☆スペシャルゲストによるトーク
 ・日時 随時第2土曜日 午後1時30分〜3時30分
     開催日は「広報すずか」でお知らせします。  
 ・会場 鈴鹿カルチャーステーション
 ・会費 500円
 ・どなたでも参加できます。
☆ザックバラン、「理想の暮らしを語る会」
 ・日時 毎月第3日曜日14時〜16時
 ・会場 鈴鹿カルチャーステーション 談話ルーム
 ・会費 無料(飲み物は各自持参してください)
 ・どなたでも参加できます。

○ これまで寄り合いをやってきて
このようなことは、自分一人でかかえて、自分なりに内向して考えていて、人に聞いてもらうなんて、想像もできない場合もあるでしょう。
私たちの寄り合いでは、ちょびっとづつでも、自分で解決しようとしている老いや死のテーマを自分の生い立ちや人生をもういちど思い起こしたり、いまの自分の心身の実際を、みんなのなかで、興味本位に観察していこうとしています。
はじめは、そんなこと人前でいうことではないとか、恥ずかしいとか、こんなこといったらどう思われるかなど、遠慮や気兼ねもありましたが、すこしづつ、何でも言えて、人の話を聞くのが楽しいという会の雰囲気になってきました。
それが、今を、その人らしく幸福に生きる、暮らすことに繋がるとおもいます。
最近、医療の現場でも、人の終末期では、「命を救う」というだけでなく、「その人が最期までかがやいて」と願う医療が話題にのぼっています。
老年期に向かっている私たちも、老いや死について、たくさんの先人の体験や介護や医療の臨床体験を聞く機会をつくってきました。
それらの専門の人たちとも、身体のことだけでなく、気持ちもお互いに理解し合っていきたいです。
この今をどう生きるか、暮らすかを語り合い、豊かな老いと死を迎えられる社会の気風や仕組みもつくっていきたいです。
理想の暮らしを語る会 鈴鹿カルチャーステーション内 
  事務局:中井正信

<公開企画>
=「自分らしく老う」3人のパネラーのお話=
・と き 5月14日PM1:30〜3:30
・ところ 鈴鹿カルチャーステーション
・内 容 3人がそれぞれの老いを語る
・参加費 500円


 
| トランジッションタウン鈴鹿 | 15:54 | comments(0) | - | - |
「人として生きる−認知症との出合いの記録」
「人として生きる−認知症との出合いの記録」という冊子が、「理想の暮らしを語る会」より発行されました。
宮地さんのブログを元に作られました。


先日の集まりで行われた朗読会の様子です。
--------------------
認知症について考える ― 理想の暮らしを語る会

9/19午後、「人として生きる−認知症との出合いの記録」の小冊子の朗読会があった。
ブログを通して、若年性認知症と診断されたninjinさん(ハンドルネーム)とkatatumuriさんとの2年間の交信記録。
ninjinさんは亜子さん、katatumuriさんは大津さん、語りは伊与田さん。

全部読み終えたら、3時近く。じっと朗読を聴いていた。
「日頃はこの人はこんな人とか、その人の表面的にあらわれていることで、見ているけど、心の中の豊かさを感じた」
「認知症と診断されただけで、周囲の対応がガラリと変わるのがキツイと言っていたね」
「コトバが出なくなっても、コトバになる前の心があるんだなあと思った」
「目が見える、耳も聞こえる、機能が整っていても、焦点が合っていなかったら、見えないし、聞こえない」
「発語が難しくなっても、家族はゆっくり待ってくれたって言っていたね」

理想の暮らしを語る会は、老年期準備期間の60代〜70代のメンバーで2年前から毎月語りあってきています。死が身近になりながら、自分の人生経験を大事にしながらも、人間本来の姿を探っていきたい。そのことが老年期への準備の一つになるかも・・・
--------------------
この冊子は、インフォメーションにあります。
(1冊につき、協力金200円です)
ぜひ、読んでみてください。
 
| トランジッションタウン鈴鹿 | 15:26 | comments(0) | - | - |
親子でエンジョイ!
トランジション・タウン鈴鹿の親子企画「はたけへ行こう! 里山で遊ぼう!」。
ただ今韓国から長期体験交流中のジュニョ君が、昨年末に街のはたけ公園で開催された「大豆収穫、芋煮なべ、焼き芋」の様子をビデオ編集してくれました。どうぞご覧ください〜


そして2015年は、1月11日(日)、餅つき&どんと焼きでスタートです。
今年は、0歳〜2歳児の親子で体験と、幼児〜小学生向けの二つを用意していますが、今回は合同で開催です。
街のはたけ公園、鈴鹿の里山の看板も作成中、完成が楽しみですね!
| トランジッションタウン鈴鹿 | 15:18 | comments(0) | - | - |
第14回鈴鹿川流域の環境展 in ハンター
明日10日(土)〜11日(日)、地域のショッピングモールHUNTERで開催される「第14回鈴 鹿川流域の環境展」にトランジション・タウン鈴鹿が参加させてもらいます。
体験コーナー

トランジション・タウン鈴鹿の実演コーナーは、「ヒラタケを稙菌しようぜ!」です。当日、実際に子どもが原木にヒラタケのタネを植え込み、それを秋に観察、「出ていたら食べるよ」という企画です。鈴木英二さんが受け入れます。 家族で里山の暮らしとつながれるかな?
アズワン

このイベントは、鈴鹿市、亀山市、四日市から、地域の環境が人や生き物にとって住みやすいものに なるように活動している人たちが一堂に会します。それぞれのブースは、子どもたちが自然に親しんだり、環境について体験を通して学べるような遊びを用意しています。みなさんもいかがですか?

0-2歳児向け小学生向け
| トランジッションタウン鈴鹿 | 15:22 | comments(0) | - | - |
街のはたけ公園とすずかの里山
街のはたけ公園とすずかの里山の2015年の年間スケジュールができ、今日、チラシが届きました!!
(画像はクリックすると大きくなります)
500チラシ0歳

街のはたけ公園もすずかの里山も、はじまった頃から子どもの受け入れをやってきました。一昨年ぐらいから、「はたけに大豆を播いたり、サツマイモの苗を植えたりして、それを採って食べる」というような企画が、近所の親子向けになんとはなしに出来てきました。
500チラシ小学生

今年は、季節によって、自然を体験できる一年のスケジュールを立てて、それをご近所さんにお知らせしました。
純奈ちゃんの幼稚園親子や、辻屋さんの孫などが、常連になりながら、口伝えで、毎回30人〜50人と集まるようになりました。
この企画を陰で支えているのは、中井さん、大平さん、辻屋さん、北川さん、鈴木英二さん、高崎広さん、大平照子さん、辻屋康子さん、宮地小浪さん、中井佳子さんなど、ジジババの面々です。
TTSミーティング

そうそう、地域の70歳を越える余川翁は焼き芋の番をやったのがやみつきになって、企画には毎回、呼ばなくても来ている。
薪でご飯を炊き、カレーをつくり、採ってきた野菜を焼いたり、煮たり、茹でたり。それぞれ、やれるあたりでやっているので、やっている人がなにか楽しそう。
翁

それに、ことしは、小林さらちゃんが通っている、ぐみの木保育園の親子が100人ちかくやってきて、ブドウやオクラ、大豆を採ったりする企画がありました。はたけ公園や里山が、乳幼児から小学生までの、地域の子育ち環境・空間として、使ってもらえるというイメージがでてきています。
ぶどう

というようなわけで、来年もやりますよ!

12月9日の寄り合いの様子は、こちらを見てね。
http://info.as-one.main.jp/?eid=39

| トランジッションタウン鈴鹿 | 11:56 | comments(0) | - | - |
トランジションタウン鈴鹿のミーティング
毎週火曜午後1時半〜、トランジションタウン鈴鹿のメンバーがミーティングをしています。
TTSメンバー

そのある日の様子をトランジションタウン鈴鹿のfacebook、12月7日の投稿より抜粋して紹介します。
---------------------------------------------------------------
先ずは、12月7日のはたけ公園の親子体験のあれや、これや。
「梅ちゃん先生、よかったね」
(三重大学生物資源学部教授の梅崎さんのこと)
「サトイモ栽培が専門みたい」
「ただ、専門というより、子どもが好きみたい」
梅崎先生

「子芋が親芋からなかなか離れないで苦労している親子もいたわよ」
「あるお母さんが、サトイモってベランダで育てられますか?って、質問したの。そしたら、できるって、梅ちゃん先生。子芋を新聞紙で包んで保管して、来年の5月ごろ、鉢に植えたらいいって」
「へえ、そうかあ。はたけで掘るだけでなく、家庭でも親子で育ちを見ていけるんだね」
「子育ち環境を地域でつくっていくって、こんな感じかな」
「じゃあ、来年の餅つき企画のとき、梅ちゃん先生にお話してもらって、希望する親や子どもに渡してあげよう」
里芋収穫

「大豆の採り入れして、子どもたちで踏んだんだけど、もう少し広げておいたほうが、良かったんじゃない」
「そうだね。でも、子どもたちやり始めたらとまらなかったね」
「踏むと、はじける音がするでしょ。それがおもしろい?」
「子どもの体重が豆を傷めないのでいいみたい」
「踏んでも落ちないのは、ダメ。無理して、出さなくてもいいと梅ちゃん先生から聞いた」
枝豆

焼き芋の話から、ピザ釜をつくりたいという話題に。
聞けば、大平さん、英二さん、深田さん、辻屋さんなど、うずうずしているオッサンたちの名があがった。
さて、これって、これから、どうなりますか?
焼き芋
高崎さんはシニア人材センターで庭木の伐採仕事頼まれることが多い。
近隣の人の庭のミカンが手入れできなくて、放置状態。
中井さんが「俺、見たろか」といい始めて、その家の人と話がはじまった。
地域のなかに、果樹園、いいねえ。
TTSミーティング
---------------------------------------------------------------

 
| トランジッションタウン鈴鹿 | 15:56 | comments(0) | - | - |
はたけへ行こう はたけで食べよう
12月7日(日)、トランジションタウン鈴鹿の今年最後の企画、「はたけへ行こう はたけで食べよう」が開催されました。
その様子をトランジションタウン鈴鹿のfacebookより抜粋し紹介します。
---------------------------------------------------
「地域で暮らす親子の方々が、こんな風に暮らせたら…」
そういう願いが叶えられるなら、このような場も使ってもらいたい…
 「はたけへ行こう はたけで食べよう!」

師走7日(日)午前10時ごろ、鈴鹿市内で暮らす親子が、
街のはたけ公園がやってきた。
今回は、大豆の取り入れ、里芋掘り、焼き芋大会。

お昼は、ハウスのなかで、里芋鍋とマキでたいた ごはん。

親子企画シート

子供たち、寛いだり、カケッコしたり。
親子企画子ども1

外では、焼き芋。
焼き芋

シニアの面々は、今日の焼き芋、皮が真っ黒焦げで、その反省談義をしている。
爺ちゃん達
---------------------------------------------------
鈴鹿カルチャーステーションのホームページでも詳しく紹介しています。
 ↓ こちらもぜひ、ご覧くださいね!

http://www.scs-3.org/news/2014/news1207.html
| トランジッションタウン鈴鹿 | 13:52 | comments(0) | - | - |