CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
TIME
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

コミュニティ インフォメーション

「お金のいらない国」落語会 2017

「お金のいらない国」落語会、開催!

 

日時:5月14日(日)PM1:30開場 PM2:00開演
場所:鈴鹿カルチャーステーション(SCS)
参加費:500円
申込先:SCSインフォメーション、実行委員
【実行委員】江口次雄、江口公子、北川道雄、藤浪弥生、諌山尚子、市川憲一、岩田隆、入内島理絵、佐藤慎時、佐藤文美
※ 会場設営のため、申込みをお願いします。

 

★ 公子さんからのメッセージ
2015年3月に、長島龍人さん著「お金のいらない国」に出会い、そこに描かれているお金のいらない国のあまりの面白さに、龍人さんにメールをしたところから始まりました。
翌4月のアズワン鈴鹿コミュニティに龍人さんとマネージャーのゆうさんのお二人で、一泊二日探訪デイに参加して、二日目の午後に《お金のいらない国・落語会》を開催したのが第1回目でした。
落語会の冒頭に龍人さんは「自分はお金のいらない国を想像して本を書いたが、ここの人たちはお金のいらない国を創造している・・・」と言って、落語を始めました。
第1回目の参加者は64人、昨年第2回目は76人、コミュニティの人はもちろん、地域の人たちの参加も増えていました。
今回は3回目です。来年の開催は未定ですので、興味のある方はお見逃しなく・・・。
 

| いろいろな活動 | 16:11 | comments(0) | - | - |
キネマ倶楽部 「シェーン」

7月のキネマ倶楽部は、
「シェーン」(1953年 アメリカ)
 

日時:7月23日(土)PM4:00〜
場所:SCS 学び舎2
参加費:ひとり500円

 

 

今回は、「シェーン、カムバック!」の名セリフでも知られる西部劇の不朽の名作『シェーン』。

南北戦争後のアメリカ西部を舞台に、流れ者シェーンと開拓民一家との交流や、悪徳牧場主との決闘を描いた傑作西部劇です。

http://www.shane-movie.jp/

 

allcinema 
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9532

 

 

--------------------
7月23日PM4時から6時30に映画をみます。今回は「シェーン」です。
なぜこの映画を今、、、特に強い理由はありません。たまたま2か月くらい前に三重県の総合文化センターへ、おふくろさん弁当のお知らせに行った時、「シェーン」の上映会のお知らせポスターが掲示されてあり、「ああ、みんなでみるんだ。僕もみんなでみたいな。」と思ったことがきっかけです。
観終わった後に感想を出したり聞いたりする時間を少し持ちます。

(吉田 順一)

| いろいろな活動 | 17:46 | comments(0) | - | - |
キネマ倶楽部 チャップリンの「独裁者」
4月のキネマ倶楽部は、
チャップリンの「独裁者」(1940年 アメリカ)

日時:4月23日(土)PM4:30〜
場所:SCS 学び舎2
参加費:ひとり500円



チャップリンの初のトーキー映画で、最大ヒット作で最高傑作といわれる作品です。
貪欲さが人類に憎悪をもたらし、悲劇と流血を招いてる。
思想だけがあって感情がなければ人間性を失ってしまう。

allcinema 
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14694

--------------------
何度かビデオを見ようとしては、途中で終わってしまい、なかなか最後まで見切ることが出来ませんでした。何故だろう?決して面白い映画ではありません。だからでしょうか?!ロマンチックな映画ともいえないでしょう。
でも、これを今回一緒に観て見たいと思いました。私の観方だけでなく、これをひとりひとりの感覚で味わってみたいとおもいます。今の生の感覚で。
2時間余りのビデオ時間、それから30分ぐらい残れる人で、感想を聴き合ってみたいと思います。どうぞこれる人来てください。

(吉田 順一)
 
| いろいろな活動 | 14:42 | comments(0) | - | - |
春ですね〜 お花達も元気いっぱい!
春ですね〜。今日から新学年がスタートした模様。明日は、鈴鹿市の小中学校の入学式です。 桜も満開、コミュニティのお花達も元気いっぱい!! では、お花達をどうぞご覧ください〜
| いろいろな活動 | 16:16 | comments(0) | - | - |
MAP折り隊、大募集!
新しい「アズワンコミュニティ鈴鹿MAP」ができました!

これまでのMAPからデザインも内容も一新!
とても楽しく、見やすく、おもしろく、なりました。
おもて(外側)↓

開いた内側↓

八つ折りになっていて、開いて、開いていくと、コミュニティのMAPがあらわれます。

この八つに折る「折り隊」を大募集します!
ちょっと時間の空いたとき、カフェで折りませんか?
何人かでおしゃべりしながら、というのも楽しいかも。
みんなで、一枚、一枚、ていねいに、楽しく折りたいですね。

「折りに来たよ〜!」という人、インフォメーションに声をかけてください。
よろしくね〜!!

-----------
MAPの折り方

MAPを内側にして、横にふたつに折ります

さらに、縦にふたつに折ります

△寮泙蠅魍いて、左右とも1/4ずつ内側へ折ります

ポイント!:
このとき、色のさかいめで折ること!


八つ折りになって、出来上がり!

 
| いろいろな活動 | 15:28 | comments(0) | - | - |
手前麹で、手前味噌!
手前麹、手前味噌 仕込み中!
− あまなん(鶴島夕子さん)のレポートです



鈴鹿ファームの屑米を使って、麹を仕込めないかな。
どちらにしろ、我が家分は仕込むのだから、食べたい人たちの分まで作れないかな。
そんなつぶやきから始まった、手作り麹とお味噌を仕込もうという有志が集まって、何度となくミーティングを持ちました。
無理せず、やりたい分で、自分の心の動くように。

手前麹仕込みの実験を数回してみて、状況や動きが見えてきたので、2月6日(土)に、40kgの麹を仕込みました。
蒸したお米に、麹菌を種付けします。

<はたけ公園でお米を蒸す 中井さん>

<麹菌とお米を交ぜている>

麹は、温度管理と湿度の管理がとても重要。
保温には、業務用冷蔵庫にコタツの温熱機を入れて使用。
何もかもが、あるもの利用に工夫次第。
人間が、麹菌が働きやすい環境をどれだけ整えてあげられるかで決まります。
お米の水切り具合、蒸しあがりなども影響する繊細な工程。
44〜48時間で仕上がるのですが、その間は、夜中でも様子を見に行ったりして、なんとか40kgのお米たちが麹になってくれました。

甘口評価で70点というところ。

8日の月曜日には、はたけ公園で大豆をぐらぐらと煮て、ミンチ機でつぶし、塩きりした麹と混ぜていきます。味噌団子にしたものを、ポリ容器につめて・・・


<大豆を煮て、つぶします>



<麹と混ぜています>

<味噌職人 おっつー>

総重量で100kg!

仕込みが終わりました!

食べられるのは、6月です。
それまでに、2回ほど切り返しをおこない、お手入れをしていきます。
これから、花仕込みというらしいですが、お花が咲く季節の間に、信州味噌系の配合と、九州で習ったお味噌の配合のものなど、2種類ほど仕込むことにしています。
余計に作った米麹は、塩麹や甘酒に。

お米の食文化、発酵の知恵。
とっても勉強になりました。
みんなで美味しくいただきたいですね!
 
| いろいろな活動 | 10:42 | comments(0) | - | - |
キネマ倶楽部「蝶の舌」
2月のキネマ倶楽部は、
「蝶の舌」(1999年 スペイン)
日時:2月13日(土)PM4:00〜6:00
場所:SCS 学び舎2
参加費:ひとり500円



病弱の少年が心優しい先生との交流を通じて成長していく姿と、二人がスペイン内戦という荒波にもまれて迎える悲劇のときを描いた感動のドラマ。1936年、冬の終りを迎えるガリシア地方の小さな村。喘息持ちで皆と一緒に一年生になれなかった8歳の少年モンチョ。初登校となったこの日、モンチョは怖さのあまり教室から逃げ出してしまう。そんなモンチョをグレゴリオ先生は温かく迎え、単なる勉強ではなく、自然界の驚きに満ちた仕組みや美しさを教えてくれるのだった……。

Yahoo!映画「蝶の舌」

--------------------
今回の映画は、またまた本多さんからの贈り物です。題名は、「蝶の舌」です。スペインの映画です。観たことのある人もいるかもしれませんが、観たい方は誰でもどうぞ。
人間の心のうちは一体何によって動かされるのか、或いはまた何ものによっても動かされずに、外付けの観念によって、行動が決まってゆくのだろうか?
映画を通してじっくり考えてみたいものです。

(吉田 順一)
 
| いろいろな活動 | 15:34 | comments(0) | - | - |
キネマ倶楽部「画家と庭師とカンパーニュ」
12月のキネマ倶楽部は、
「画家と庭師とカンパーニュ」
  (2007年 フランス)
日時:12月12日(土)PM4:00〜6:30
場所:SCS 学び舎2
参加費:ひとり500円

都会での家族との生活に疲れ、生まれ故郷に戻ってきた画家のキャンバス。荒れ果てた庭の手入れに来てくれたのは、かつての幼なじみであるジャルダンだった。2人は自分たちの人生を語り合いながら、仕事に生きがいを見いだし、幸せで穏やかな日々を過ごすが……。
予告編動画
https://www.youtube.com/watch?v=156B-p0QNl0


--------------------
11月に引き続き12月第2週土曜日に、映画会を行います。今回用意した映画は「画家と庭師とカンパーニュ」というものです。2007年フランス映画です。

実は次回は、「クスクス粒の秘密」という映画をみんなで観てみようと思っていたのですが、それが2時間半を超える映画ということと、今回の映画も「クスクス粒」同様に神戸の本多雅子さんからの贈り物で、一度観てみたらその内容の深さに感銘を覚えたこともあり、再考してみて、時間的にもこれがいいなと思えたのでした。
田舎(地方)の緑豊かな風景が僕の心に気持よく映った。映画の出だしがどことなく前回観た「コーラス」と似た感じを持ったけれど、其れははじめだけで、後はどんどん登場人物の内面に引き込まれてゆく感じがした。
いくつも、「?、?」という感覚が残っています。「わかりたい、理解したい。」から、じっくり観てゆこうではなくて”焦る”気持が出てきていたのかもしれません。

雅子さんからは”おすすめの映画です”と添え書きにあったけれど、今はその真意の一端が感じられる気がします。

尚、「クスクス粒の秘密」については、貸し出しをしてゆこうと考えています。

吉田 順一)
--------------------
「クスクス粒の秘密」
http://www.movieboo.org/archives/13507/la-graine-et-le-mulet


 
| いろいろな活動 | 16:23 | comments(0) | - | - |
キネマ倶楽部「コーラス」
11月のキネマ倶楽部は、
-- Les Choristes コーラス--
  (2004年 フランス)
日時:11月14日(土)PM4:00〜6:30
場所:SCS 学び舎2
参加費:ひとり500円
フランスで大ヒットした感動作。心豊かな音楽教師と、“歌”で生きる喜びを得ていく少年たちの絆をいきいきと描き出す。
http://movie.walkerplus.com/mv35178/

--------
3ヶ月ぶりのキネマ倶楽部は、「コーラス」をみます。
今までに2度ほど観てみました。2度目の時は何故か泣けました。「なんでこんな時に涙がでるんやろう?」と何度か思いました。もちろん誰でもということはないと思うし、僕にしても、その時の心の状態で変わってゆくものだと思う。

僕の感想を言うとしたら、とてもストレートな感じを受ける映画だと思った。僕も、今まで観た感想は感想で、みんなで一緒に観た後の感想は、また随分違ったものになるかもしれない
14日(土曜の午後)、マイライフミーテイングの前に、この映画をいろいろな人と一緒に観てみたい。
観終わった後で、それぞれの感想を聴きあう時間が今から楽しみです。

吉田 順一)
| いろいろな活動 | 15:23 | comments(0) | - | - |
おふくろさんグループ1日探訪
職場や生活の場として、コミュニティの一部にかかわってはいても、他の所でどんなことをしているか、どんな人がどんな活動をしているか、など、知らないことって多いですよね。
身近な人にこそ知ってほしい、知りたい、ということで、「探訪デイ」を凝縮した1日探訪の企画ができました。

今回は、おふくろさん弁当の美女4姉妹が探訪しました。

まずは、里山探訪・・・鈴木さん、うれしそう!

ブランコが気持ちい〜い!



はたけ公園、はす池で・・・


SCSへ戻って懇談会

この日は、Nさんの誕生日。
「コミュニティハウスえぐち」での夕食時に、サプライズケーキでおめでとう!!


tomokoさんの感想
yukariさんが、少し見て回ったところで、「皆さんの信頼関係はどうやってできたのですか?」と聞いていた。確かに、何年か前までは私もコミュニティというのを斜めに見ていたのに、なぜいつからこんなに安心しているのだろう、と自分でもびっくりした。
・・・
経済的な振り込みなどを、chieさんが一括してやってくれていますが、大変すぎませんか?

Nさんの感想
出来上がった一つの形ではなく、皆がそれぞれの考え方などを話し合って、やりたい事をためしながら作り上げていっているんだな〜、という印象を受けました。
いつも働いているおふくろさん弁当で、創立からの歴史やどういう思いやどんな会社にしたいという考え方を聞く事が出来て良かったです。
・・・
コミュニティのメンバーというのが、本人や周りの人によって認識が違うように感じた。どういう人の事をメンバーというのかなと思った。

momokoさんの感想
ゆっくりできた。新鮮だった。何もコミュニティのこと知らずにいたのに、ちょっと嫌悪感があったり、そんな自分を見てきたけど、知らなかったこと、知りたいなあ〜と思ってきたのもこの最近。とてもいい機会だった!!
固苦しくなく、いろいろ話しを聞いたけど、空気感を体感したような〜。何も力はいったものがなくて居心地よかった。話を聞いて、その人を知って、安心感みたいなのもあったかな〜? まあ、とにかく、よかったなあ〜〜〜。

皆さんも、
職場や身近なグループで1日探訪、してみませんか?
 
| いろいろな活動 | 15:28 | comments(0) | - | - |