CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
TIME
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

コミュニティ インフォメーション

初夏のくるくる市 −2018−

持ってくる人かえる人、みんなでくるくるりさいくる!

夏に向けて、くるくる市がはじまりました!!

 

梅雨入り前のこの季節、くるくる市で衣替えですよ!

 

 

バッグや帽子も夏向きに・・・

男性用もいろいろ・・・

 

随時入れ替わっています、時々チェックして、お気に入りを見つけてくださいね!!

 

| 暮らし | 17:12 | comments(0) | - | - |
今年もおふくろさん弁当の恵方巻きはいかがですか?

 

恵方巻

 

SCSインフォメーションでも受け付けています。

ー蟶遒蠏段巻 480円

海鮮恵方巻 650円。

 

今年は、昼配達のみ です。

ご希望の方は、どちらの恵方巻を何本か、

acs-info@as-one.main.jp

か、芳子LINE or 敏美LINEへお知らせ下さい。

なお締切は、2月2日㈮、12時までとさせていただきます。


 

| 暮らし | 15:09 | comments(0) | - | - |
2018年 お正月

2018年 明けましておめでとうございます

 

 

まずは、初日の出!

いいお天気の元旦となり、きれいな初日が見られました

 

2日は、恒例のお餅つき

子どもたちや若い人が多くて、コミュニティの熱気を感じました。

世代交代も徐々に進んでいるようで、これからが楽しみですね!!

 

さて、今年はどんな一年になるのでしょう・・・・

 

| 暮らし | 15:52 | comments(0) | - | - |
秋のくるくる市 −2017−

持ってくる人かえる人、みんなでくるくるりさいくる!

衣替えの季節です、秋のくるくる市、始まりました!!

 

急に肌寒くなったり、温かくなったり、と着る物に悩むこのごろですね。

くるくる市をのぞいてみてください、「これは、いいな!」という一着が見つかるかも。

秋から冬にむけて、セーターやコートなどいろいろありますよ!

オシャレな子ども服が、かわいいね!

靴や、カバンも、、、

 

今月中開催の予定です。

ぜひ、見に来てくださいね!

 

出品したい人は、本山照子さんまで連絡ください。

インフォメーションでもお預かりできます。

 

| 暮らし | 16:15 | comments(0) | - | - |
子どもの家 − 2017年 夏

朔人(さくと)くん、巽(たつみ)くん、が生まれ、子どもの家にも登場。

左が5月生まれのさくとくん、右は6月生まれのたつみくん

 

留学生などお兄ちゃんお姉ちゃんスタッフがサポートメンバーに加わり、子どもの家はにぎやかに活動中です!

 

つむぎちゃんは弟のたつみくんをみんなに見て欲しいようで、ジンちゃん、フンミちゃん、博也くんを家まで歩いて案内し、たつみくんを紹介していたようです。

 

夏の暑さもへっちゃら?で遊ぶ子どもの家の様子をどうぞ!!

ユノくんへのお手紙を書きました!

おいしいお昼ごはんも楽しみ!

水遊びがキモチイイ!!

 

| 暮らし | 15:49 | comments(1) | - | - |
救急時、どうする?

ケガや病気で緊急の対応が必要な時、どうしたらいいのかな?

救急時の対応についてお話を聞いてきました。

 

意識があるかな??

 「大丈夫ですか?」声をかけ、意識の確認をする。

 

意識が無い場合は、

  *協力者を求める

   「あなた、119番通報お願いします。」

   「あなた、AEDを持ってきてください。」

 

  *安全な場所で、胸骨圧迫開始

   

  *AEDが到着したら、音声に従ってやってみる。

 

救急車を呼ぶ時と、救急車到着までの応急手当について

 

 

意識がある場合は、、、

 

鈴鹿地域は、059-382-1199 です!

 

医療ネットみえ http://www.qq.pref.mie.lg.jp/

 

 

応急手当の方法など、↓コチラも参考にしてください。

鈴鹿市消防本部 http://www.city.suzuka.lg.jp/shobo/

 

 

鈴鹿市の救急医療体制

 

| 暮らし | 14:01 | comments(0) | - | - |
夏のくるくる市 2017

持ってくる人かえる人、みんなでくるくるりさいくる!

夏のくるくる市、始まりました!!

6月、衣がえの季節です、

涼しそうな夏の衣類がいろいろ・・・

靴もたくさんでていますよ。

6月中開催の予定です。

ぜひ、いちど見に来てくださいね!

 

出品したい人は、本山照子さんまで連絡ください。

インフォメーションでもお預かりできます。

| 暮らし | 14:48 | comments(0) | - | - |
ストーブの収納

初夏の暑さを感じるこの頃、

SCSでも、暖房器具を片付けて夏への準備がはじまっています。

というわけで、今回は「ストーブの収納」について。

 

【石油ストーブ】

給油タンクの灯油を抜き点火し、強で燃焼させ、自然に消えるまで燃やします。
(必ず窓を開けて換気しましょう)
天板や反射板は汚れをとりきれいに磨きます。

 

【石油ファンヒーター】

コンセントを抜いてから、給油タンク・油受けざらの灯油を、100円ショップやホームセンターで売られている灯油ポンプやスポイトなどで根気よく抜きます。
中に残った灯油もできるだけウエスなどできれいにふき取ります。

 
本体や空気取入口を掃除機や乾いた布でそうじしたら、ファンヒーターにほこりがたまらないよう適当なカバーをかけて、湿気の少ない所に水平に保管して下さい。

 

★石油ファンヒーターや石油ストーブを長持ちさせるコツは、保管する前に灯油タンクを完全に空にすることです。 

 

電気ストーブやガスストーブなど、詳しい収納法は以下を参照してください。

http://www.sumai-souji.com/oil_stove.htm

 

| 暮らし | 16:05 | comments(0) | - | - |
子どもの家 − 2017 3月

3月の「子どもの家」の様子です。

 

 

沢山遊びましたよ〜


今月は、円ちゃんがコースに行っていましたが、さらちゃんとはるちゃんも、子どもの家や日頃接してる人達の中で落ち着いて過ごしていた感じです。

また、ユノ君も一度韓国へ帰国してましたが、10日ぶりに再会!

そして、サークルママ達で、畑でアートしたり、雨で中止の時は、留学生会館予定地の倉庫でダイナミックに遊んでいました。

いつもは各自でお弁当を持ってきてますが、土曜は、さっちゃんのお弁当が届く日で、モリモリ食べてます!

うまー! 大人が一番楽しみにしてるかな(笑)

来週から、悠海ちゃんがコースに行くので、しゅんくん、わたるくんの一日の暮らしをサポートメンバーでサポートしていく予定です♪

 

写真とレポート BY JUNNA

 

| 暮らし | 17:55 | comments(0) | - | - |
エンディング録音

「理想の暮らしを語る会」では、エンディング録音というのを始めています。
自身の終末期の治療や介護、葬儀などについての自分の希望や、家族への伝言などを録音します。
記述式のエンディングノートというものは今やいろいろな機関が発行していますが、録音は少ないように思います。

皆で集まって、それぞれが録音に挑みますが、書くのと声に出して言うのとは何か違うような感じがします。
それにいろいろな人に自分の意思を伝え、聞いてもらうと、静かな覚悟のようなものも生まれるようです。


現代では、医療の発達や衛生環境の改善によって、日本人の平均寿命はまたたくまに延びました。
それに伴う死生観 も変化して、「死」を遠ざけ、死は敗北、長く生きることこそ善とみなされるようになってきたのではないでしょうか。
しかし現状は、高齢化が進むといくつかの疾病をかかえながらの生、そして最後は病院で管に繋がれて、または施設で我慢を強いられての最後を迎えれる人が多いと思います。
管理されることもなく、それぞれの自由な意思で安心して穏やかに逝きたい・・
そこで「人間の死を考える」場を設けようと、毎週有志が集まって、ああだこうだと楽しく語らっています。
具体的にエンディング録音は以下の項目をボイスレコーダーに吹き込んで、ファイルにしてGメールで送り、オフィスに保管しています。

このように録音したものはいつでも変更できるので、気軽にやっぱりこうしようこうしたいと何度でも録音し直すことができます。

 

そして、永代供養の墓としてどこがいいのかも検討もしています。

龍源寺 http://www.ryugen-ji.jp/cemetery/c1.html
60代70代の人にとって、生きることを考えるのは自ずと死をも含まれてきます。
そこで、平穏死という考え方が一番しっくりくるねと、今のうちに出来ることをやりたいと始まったのが「看取りの家」構想です。

小規模多機能型居宅介護事業の一環として、子供広場や看取りの家、町の保健室など、楽しみながら作って行こうと、専門家や医療関係者、学者などを招いて公開講座などのディスカッションもしています。

| 暮らし | 16:21 | comments(0) | - | - |